女性の脱毛症の原因

異なる原因によって引き起こされる

男性の抜け毛と女性の抜け毛は、それぞれ異なる原因によって引き起こされます。女性の脱毛症は、全体的に髪の毛が薄くなる女性型脱毛症や、妊娠・出産に伴う栄養素やホルモンバランスの変化によって起こる分娩後脱毛症などが挙げられます。

抜け毛と女性ホルモンには密接な関係

抜け毛と女性ホルモンには密接な関係があり、経口避妊薬として女性が服用するピルが抜け毛の原因となることがあります。このピルはホルモン剤なので、服用開始後や使用中止後にその作用によって急激にホルモンバランスが変化して脱毛する事があります。

冷え症も原因の一つ

多くの女性が悩む冷え症も、時として抜け毛の原因になる事があります。冷え症は血行不良による症状で、もちろん頭皮も血行不良になります。毛根に栄養分を届ける血液の流れが滞る事になり、抜け毛が発生するのです。それだけでなく、冷え症は生理不順を引き起こす事もあり、その結果ホルモンのバランスが崩れて、抜け毛が発生する事もあります。

若い女性が脱毛症になる事が増加

最近では、若い女性が脱毛症になる事が増加していて、その原因は過度なダイエットによる栄養障害や、過度なヘアケアによる頭皮の乾燥などであると考えられています。

分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症では、妊娠中に胎児のために栄養素が使われる事や、女性ホルモンの急増などが原因となって、髪の毛が細くなったり抜けてしまったりします。産後6ヶ月ほどでホルモンバランスが元に戻っていき、髪の毛も元に戻っていくので、自然治癒前提の対策が一般的です。まれに産後の過度なストレスなどで脱毛症の症状が止まらなくなる事があります。

このページの先頭へ