女性型脱毛症について

髪の毛が全体的に薄くなるのが特徴

女性型脱毛症はびまん性脱毛症とも呼ばれ、男性型脱毛症のように額の生え際や頭頂部が薄くなるというような脱毛症とは異なり、髪の毛が全体的に薄くなるのが特徴です。

若いうちから適切なケア

一般的に30代後半以降の女性によく発症します。老化やストレス、急激で無理なダイエット、避妊薬、過度なヘアケア、そして栄養障害が関連しておきる脱毛症です。若いうちから適切なケアを行って老化に備えて、脱毛を予防(女性用の育毛剤)することが、何よりも大切になります。

原因の大半は過度のダイエット

最近では特に若い女性で発症するケースが多く、その原因の大半は過度のダイエットです。 髪の毛は、生命維持に対してあまり重要でない末梢の付属器官なので、過度なダイエットをすると、髪の毛の十分な栄養が行き渡らずに、毛髪サイクルが崩れて髪の毛が抜けたり細くなったりして、女性型脱毛症が発症します。

脱毛予防の重要な要素

過度なヘアケアによる脱毛も、やはり若い女性に多く発症しています。朝にも夜にもシャンプーをすることにより、頭皮から過剰に皮脂が洗い流され逆に乾燥させてしまいます。ドライヤーや整髪料も適切に使用することが脱毛予防の重要な要素です。

このページの先頭へ