頭の皮膚病 薄毛

脂性のフケ

薄毛の原因の1つとして、皮膚病があります。頭皮から、しっとりした脂性のフケが髪の毛の生えてくる毛穴に詰まってしまいます。湿っぽいフケが頭皮の毛穴に詰まった状態が、長い間続くとやがて頭皮は脂漏性皮膚炎を起こしてしまい、抜け毛の原因になります。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎になると、代謝が落ちて脱毛が起きてしまいます。脂漏性皮膚炎の脂っぽい頭皮は、一度ほこりやバイ菌がつくと簡単には落とせません。

バイ菌のエサ

皮脂でしっとりしたフケは、バイ菌のエサとなり温床となり、やがて頭皮は赤みがかり、かゆみや脱毛を引き起こします。

頭の皮膚病習慣を見直してみる

脂漏性の皮膚炎を防ぐためには、頭皮に負担がかからないシャンプーを選ぶことが重要です。また正しいシャンプーの方法を身につけて清潔を心がけることも大切です。シャンプーは、爪をたてることなく指の腹を使って優しくしっかりとマッサージするように洗いあげましょう。

このページの先頭へ